カテゴリ:かぼすのこと( 28 )



優しい時間が流れる、日曜の午後。

a0126590_0291136.jpg


冬毛が抜け始め、掃除が大変な季節の到来です。



a0126590_0292490.jpg


のんびりくつろいでいるけど、後で、あれするからね。

いいですね!



a0126590_0293868.jpg


かぼちゃんの苦手なシャンプーですよ。

ふんわりふかふかの美人さんになりましょうね。



a0126590_0295126.jpg


夕方の散歩の後、かぼ父さんが洗ってくれました。



a0126590_030176.jpg


シャンプーの様子を撮ろうと思ってバスルームを覗いたら、

かぼ父さんの格好が、おパンツ1枚の姿でしたので、残念ながら諦めました。



a0126590_030828.jpg


丁寧にドライヤーをかけて、いい匂いのふかふかかぼちゃんになりました。



a0126590_0302256.jpg


先日の記事、「新しい命と消される命と・・・」を載せてから、

たくさんの応援ポチとコメントを頂きました。

心から感謝申し上げます。



a0126590_0303341.jpg


同じブログ村柴犬カテゴリーの「モジーノ家のそれでも犬生活」のもじ子さんは、

心強い応援記事「応援しているブログ、かぼすちゃんとおさんぽ。」を書いて下さいました。

私の言葉が足りなかった部分も、簡潔に伝えて下さってあります。

そして、モジーノ家のコメント欄にも、考えさせられる沢山のコメントが寄せられており、

何度も繰り返し、読ませて頂きました。

もじ子さんのお返事も、大変勉強になります。

まだお読みになっていない方は、是非、ご覧下さい。



a0126590_0311774.jpg


頂いたコメントの一つ一つにお返事を書きたかったのですが、

あの記事を書いた日から、かなりの睡眠不足が続いております。

じっと座っていると、頭がクラクラ、すぐに瞼が閉じてしまうという情けない有様です。

お一人お一人に、ありがとうがいいたいのに、ごめんなさい。

今日は、みなさんからのコメントを、いくつかご紹介させて頂きたいと思います。



a0126590_0313360.jpg


今は何の力にもなれない。。。 ただこの記事の写真と文章を見て

わんわんと声を上げて泣くことしかできません。 ごめんなさい。             こめ母さん



何の力にもなれないなんてことは、ありませんよ。

こうしてコメントを下さっただけで、私に勇気を与えて下さいました。

もっとできることがある筈だって、背中を押された気がしました。

言葉は、力を生み出すんです。 ありがとう。



a0126590_0315682.jpg


ウチのお客様にペットショップなら保護犬を!といって

「中古はだめなんだよね~」て何回か言われました(怒)

中古て!何よ!客人でも大喧嘩しちゃいます!まだまだ負けませんよ!         おはぎさん
     

中古・・・・酷い表現ですね(涙) 

おはぎさん、尊敬します。 私も頑張ります!!



a0126590_0322072.jpg


日本でも一日も早く、(イギリス等のように)許可のない個人や店頭での動物売買が禁止になって、

センターから成犬を譲り受けることが普通の社会になることを願ってやみません。

でも、最近では動物実験をしない化粧品メーカーもでてきたりと、

変わらないように見えた物事も、一人一人の声から少しずつ、

でもしっかりと変えていけるんだなって感じます。

そうした変化の土台には、必ずかぼすママさん達のように一人一人の声と行動があるんだなぁって。

色々振り返らせられました。                         ハム助さん



ありがとうございます。

私はまだ何も始めていません。 でも、これからですよ!!



a0126590_0323135.jpg


あまりにも亡くなった愛犬への思いが強すぎて、

まだ一歩踏み出せません。いつかは、ちばわんの関係者を通じて、

1匹でも犬の命を助けたいと思っているのですが・・・         走快エイトさん



ペットを飼いたいと言う気持ちはありましたが、

安易に飼ってはいけないのだなと思うようになりました。

もしどうしてもの場合は、里親になる道を選択します。         ムジカさん



うちの子は、ペットショップで売られている犬しか知りませんでした。

でも、今回このような記事を載せてくれたことで、

子供達にも愛護センターという所をちょっとだけ教えることができました。

下の子は犬が欲しくて仕方ないのですが、家族の反対があって飼えません。

でも大きくなったときに自分でお世話ができるようになったら飼えばいいんじゃない・・・?!

と教えてあります。 その時は、愛護センターから探す!!といっていました。        スイカ妻さん



a0126590_0324354.jpg


「愛護センター」 辛い環境で育ってきた子、飼い主にゴミのように捨てられた子、

迷子になって帰れなくなった子。

悲しい犬生の幕を下ろす為の場所から、かぼちゃんのように、

幸せを掴める子達がもっともっと増えますように・・・

そしてなにより、そんな悲しい場所に運ばれる命がいつの日か無くなりますように・・・   さくら&ゆうままさん




軽い気持ちで飼って、軽い気持ちで捨てる・・・ひどい事です。

捨てた飼い主は自分の犬や猫が処分される所を見るべきです。

あの悲しい声を出してドリームボックスに押しやられる姿を。

これがあなたの犯した罪だと。それでも平気でいられるのかと。        凛ママさん



a0126590_0331777.jpg


私も、ペットショップは嫌いです。

ペットショップのわんこたちは、大きくなると商品価値が下がるので、

命を維持するだけの最小限のエサしか与えられず、

エサの入っていたお皿をいつまでもいつまでもなめ続けています。

それでも売れないと年末に「福袋」として売り出されていました。

「命」を商品として扱うことは、許されないことだと思います。           十兵衛さん



助かる命と助からない命にどんな差があるんでしょう?

いえ何の差もないですよね・・・

私達人間の命もワン達の命もみんな同じ尊い命なんです。           ミカさん



a0126590_0333671.jpg


かぼちゃんが今、家族を信頼しきっていることが全てに思えます。

また、幸せなかぼちゃんのいる家族は幸せだと思います。            nekoさん



今、もう一人を迎えることは出来ませんが、

今いる子を精一杯愛し、何かお手伝い出来ることを探そうと思います!!     ロン姉さん



改めて命の大切さを感じました。

人間の勝手な理由で捨てられた命を一匹でも多く、

飼い主と一緒に過ごした幸せな命に変えられるように、愛犬と家族と共に祈っています。   ふくちゃんさん



a0126590_0334628.jpg


この現状から一つでも多くの命が救われることを、心から願っています。

かぼちゃんはホントに幸せそうな顔をしています。                 たらまる子さん



かぼちゃん、かぼすママさん、頑張って下さい。

自分も何かお役に立てたらと思っております!!                  ドカ弁さん



a0126590_034096.jpg


センターでのわんこたち,じっと見つめる目が悲しそうで・・・

まだ人間を信用してるんだと思うと悲しくて涙が出ました。

かぼすちゃん,優しいご主人に出会えてよかったね♪                yukarincoさん



私も今は新しい1つの命を救ってあげる事は出来ないけど、

少しでも何かの役に立ちたいと思いますし、思っているだけじゃなく、

役に立てるような情報を探してみようと思います。                 じんねぇさん



a0126590_0343776.jpg


犬が好きな私たちが、自らペット事情を劣悪なものに作り上げてしまっている、

という現状をもっと認識しないといけません。

好きだからこそ去勢、避妊について真剣に考えて決断しないといけないんですよね。

幸せワンコと不幸になってしまうワンコ。

両方とも私たちの操作で決まってしまうなんて、それこそ不幸過ぎます。

かぼちゃんのように再び愛される機会をもらえるコがどれだけいるか・・・

やはり私たちは啓蒙していかなくてはいけませんね。

大好きなワンコのためにも・・・。                           瀬那ままさん



『殺処分ゼロ!』目標はとんでもなく大きいですが、

個人個人でできることは絶対にあるはず!

私も改めて自分が何をすべきか、再確認できました!             れいごんさん




うちのたろうは「差し上げます。可愛がって下さい」という張り紙のされたケージに

兄弟と2匹で入れられていたのを連れて来た子です。

今ではうちの王子様 家族皆を幸せにしてくれていますがあの時の不安そうな顔を忘れません。

そして後ろ髪引かれる思いで置いてきたもう1匹の子は今頃どうしているのか気になって・・

何故一緒に連れて来てあげなかったのかとずっと後悔しています。

どうか全ての犬や猫が幸せになれますように・・                     ひなさん

                 
                                         

a0126590_0344712.jpg


今回、ご紹介できなかった皆さん、ごめんなさいね。

今、隣にいる人に、命を消される動物達の話を教えてあげるけでもいい。

何もできないなんてこと、絶対にないんです。




皆さん、何度でも言います。

勇気を下さって、ありがとうございました。

そして、最後に・・・・


a0126590_0345673.jpg


☆1位おめでと~う!!!☆     

今、ママとポチを押したら... かぼたんが1位になってました!!! ^ー^すごくうれしいです。

ずっと前が、6位だったのにあっと言う間ですね。                  かれんちゃん



かぼちゃんの応援団長、かれんちゃん、いつもありがとう。

フランスからのエール、すごく近くに感じています。

これからも、どうぞ、宜しくね!!



明日、いえ、もう今日ですね。
今日は父の17回忌法要です。
月日の経つのは速いなぁ・・・。
最後まで読んでくれてありがとう。
ついでにポッチンの応援も、どうぞ宜しく!053.gif 

   ↓1ポチ010.gif        ↓2ポチ016.gif
人気ブログランキングへ    にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
             にほんブログ村
by kabosu112 | 2010-03-22 04:01 | かぼすのこと | Comments(13)



気持ち良さそうに、すやすや眠るかぼちゃん。


a0126590_2404212.jpg


何の心配もなく眠る、その寝顔。

かぼちゃんと出会えて良かった。

心からそう思います。



a0126590_2405812.jpg


昨日の記事には、たくさんの応援とコメントを頂きました。

みなさん、どうもありがとうございました。

お一人お一人のコメントは、

胸に刻み込むよう、何度も繰り返し拝見しました。



a0126590_2411184.jpg


これからも今まで通り、楽しいブログを作っていきたいと思いますが、

私は何の為にブログを作るのか・・・、

今回のことで、自分の中でしっかりとした目的が出来上がりました。



a0126590_2412410.jpg


昨日、かぼちゃんの預かり母さんから頂いたコメントの中に、

こんな言葉がありました。



a0126590_2413788.jpg


写真を改めて見直して、

今はもうこの世にはいないワンコ達のお顔をみたら涙が止まらなくなりました。



a0126590_2421536.jpg


「命」の重さには人間も動物も変わりがないと思います。

人間には絶対に作り出せない大切な命、

責任がとれないのなら不用意な繁殖はするべきではありません。



a0126590_2425250.jpg


かぼちゃんが助かったその裏に

たくさんのたくさんの人間の都合で処分されてしまったワンコ達の命があります。



a0126590_243256.jpg


どうか、センターに収容される動物みんなが

かぼちゃんみたいな幸せをつかむ事が出来る未来が、

近い将来に来ることを願ってやみません。



a0126590_2494699.jpg


実際に何度も愛護センターに足を運び、辛い現実を直視し、

保護犬達の為に活動続けている預かり母さんの言葉は、とても重いです。

これからは、かぼちゃんの笑顔の向こうに、

怯え、震え、泣き、叫び、絶望しながら命を落としていった仲間達の姿を感じながら、

共に生活をし、ブログを作っていこうと思います。



a0126590_250591.jpg


資格もなく、お茶の間で繁殖を繰り返している方は、

「私は不幸な犬を生み出しているのではなく、人間も犬も、みんなを幸せにする為にやっている」

と、思っていらっしゃるのでしょう。

でも、新しく生み出さなければ、殺される命が一つ救われるチャンスがあるのです。

自分が作り出している目の前の幸せは、

自分勝手で、ただの自己満足であるということに、気付いて頂けたら嬉しいです。



a0126590_2501874.jpg


私はようやく気付いたばかりです。

この事がきっかけで、

もっと気付かなくてはならないことが、限りなくあるんだということにも気付きました。

社会のこと、環境のこと、争いのこと、世界中で起きている悲しいこと、

いい歳をして、自分の無知が恥かしくなってきました。

でも、今日から変わりたいと思います。

学びたいと思います。



a0126590_2504987.jpg


昨日頂いたコメントは、私の宝物にさせて頂きます。

みなさん、本当にありがとうございました。




a0126590_426576.jpg
☆ ちばわん愛護センターレポート ☆
     ↑ クリック ↑
     

今はまだ何もできなくても、
現実を知ることは、大きな一歩です。
是非、ご覧下さい。




昨日に続き、また重い記事になってしまいました。
ごめんなさい。
明日からはまた、皆さんに笑顔を届けたいです!
最後まで読んでくれてありがとう。
ついでにポッチンの応援も、どうぞ宜しく!053.gif 

   ↓1ポチ010.gif        ↓2ポチ016.gif
人気ブログランキングへ    にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
             にほんブログ村
by kabosu112 | 2010-03-19 04:45 | かぼすのこと | Comments(12)





とっても甘えん坊のかぼちゃん。

a0126590_22111982.jpg


いつまでも可愛い子どもみたいな気がするけれど、

かぼちゃんは、もう立派な大人なんですよ。



a0126590_22114795.jpg


赤ちゃんだって、産んだことがあるんです。

かぼちゃんが産んだ赤ちゃんは、今、どこにいるんだろう?

幸せになっているといいな。


a0126590_22115489.jpg



新しく生まれてくる命って、感動的ですよね。

命の尊さを教えてくれます。



a0126590_22123475.jpg


でも、同じたくさんの尊い命が、人間の勝手で消されています。



a0126590_22124286.jpg



かぼちゃんは、

金儲けだけのブリーダーの元で赤ちゃんを産まされ、

その赤ちゃんは商品として売られ、

いらなくなったかぼちゃんは、たくさんの仲間と一緒に、

愛護センターに捨てられました。



a0126590_2213245.jpg

a0126590_22131037.jpg


幸運にも、かぼちゃんはこの中から助け出されましたが、

半分近くの仲間は、殺処分されてしまいました。

真っ直ぐにカメラを見詰める、お利口な犬達。

自分達の悲しい運命が、きっと分かっているのでしょう。



a0126590_22132848.jpg


ここは最終部屋だそうです。

明日にはみんな殺されてしまうのです。



a0126590_22134457.jpg


この犬は、飼い主に連れてこられたばかりだそうです。

「嫌だ! 助けて! 怖いよ! お願い、僕を置いて行かないで!」

そんな叫び声が、聞こえてきそうです。



a0126590_22135737.jpg


こんなに可愛い子犬もたくさん捨てられているそうです。



a0126590_2214695.jpg


いらない命だったのなら、どうして不妊手術をしてあげなかったのでしょう。



a0126590_22141478.jpg


愛護センターから引き出される時のかぼちゃんです。



a0126590_0134771.jpg


こんなに痩せっぽちで、こんなに小さい・・・・。



a0126590_2318588.jpg


本当は、

かぼちゃんの里親になるまで、愛護センターの事はよく知りませんでした。

いえ、知ろうとしなかったのです。

現実を見詰めるのが怖かったから。



a0126590_23343598.jpg


でも、これからは、

私にもできることを探していこうと思っています。

かぼちゃんと我が家を、赤い糸で結びつけてくれた預かり母さんは、

「かぼちゃんの里親になることで、貴女は2つの犬の命を助けられる。」と言ってくれました。

1つはかぼちゃんの命。

もう1つは、かぼちゃんが我が家に来たことによって、

次にまた、預かり母さんが愛護センターから引き出すことができる犬の命・・・。



1、繁殖に反対しています。

2、不妊・去勢手術の推進をしています。

3、行き場のない犬猫の家族探しをしています。
  


以上がちばわんの趣旨です。

みなさん、どうぞ、

今ある行き場のない命を、助けてあげて下さい。


a0126590_22142217.jpg

☆ ちばわん、定例いぬ親会 ☆ 

次回3月21日(日) 12:00〜15:00 

江戸川河川敷で開催です。






癒される為にかぼちゃんに会いにきて下さった方、
重い記事でごめんなさい。
かぼちゃんが我が家に来てから、
命を売り買いするペットショップが嫌いになりました。
必要のない繁殖の話を聞くと、悲しくなります。
最後まで読んでくれてありがとう。
ついでにポッチンの応援も、どうぞ宜しく!053.gif 

   ↓1ポチ010.gif        ↓2ポチ016.gif
人気ブログランキングへ    にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
             にほんブログ村
by kabosu112 | 2010-03-18 00:36 | かぼすのこと | Comments(22)




今日のかぼちゃんのおやつは、これ!

a0126590_647731.jpg


大好きなグリニーズ。



a0126590_6471254.jpg


他のおやつも、大好きだけど、

グリニーズは目の輝きが違います。



a0126590_6472099.jpg


早く、食べたいでしょ?

はい、どうぞ!



a0126590_6473514.jpg


と思ったけど、やっぱ、や~めた!

この袋の中に入れま~す。



a0126590_6474177.jpg


自分で取り出して、食べて下さいね。

袋の口を縛って・・・・



a0126590_7353625.jpg


あ~あ、クンクンしているだけですね。

先代犬のケンちゃんだったら、袋を噛み破って食べてるよ~!

3重の段ボール箱に入れたって、彼なら絶対に取り出して食べちゃいます!!



a0126590_6475842.jpg


仕方ない、袋の口をあけましょう。



a0126590_648456.jpg


何の躊躇もなく、袋の中に頭を入れました!

これって、かぼちゃんにとっては、凄い進歩です。

半年前なら、怖がってできなかったことだもの。



a0126590_7494471.jpg


愛護センターから助け出され、我が家に来て1年3カ月。

お人形のようだったかぼちゃんは、

今でも、少しずつ変わってきています。



a0126590_6481985.jpg


感情の表現の仕方が、日に日に豊かになっています。


a0126590_8295423.jpg


私が仕事から帰った時や、

お散歩グッズが入った玄関のクローゼットを開けた時、

「やった~~! バンザ~~イ!!」と、派手に喜んでくれるようになりました。



a0126590_9115413.jpg


遊んで欲しい時、

ストーカーのように付いてきて、

しつこいくらい、前足でトントンと誘いを掛けてくるようになりました。



a0126590_6484136.jpg


かぼちゃんと私達の関係は、

これからも、まだまだずっと、進化していくんですね。



a0126590_6485383.jpg


成犬から飼っても、

こんな風に、信頼関係を積み上げていく楽しみがあります。



a0126590_649165.jpg


これから犬を飼いたいと思っている方は、

かぼちゃんのことを思い出して、

保護犬を引き取るということも、選択肢の一つに入れておいて下さいね!

小さな命がひとつ、救われるのですから。



a0126590_649934.jpg


さて、今日はなぜスーパーの袋を使ったのかと言いますと、

今、私がハマっていることをご紹介したくて・・・。



a0126590_6491674.jpg


スーパーの袋に空気を入れて、ボールにします。

そして、両膝でリフティングをするんです。



a0126590_8351524.jpg


下腹の引き締め効果があるそうですよ。

みなさんも、挑戦してみて下さい。

私、昨日までの最高記録は連続97回。

日々、記録を更新しています。



a0126590_8352359.jpg


すっごくいい運動になりますよ。

息、ハアハアしちゃいますから!!

職場では、私がダントツの上手さです。

みんな、20回もできませんし。



a0126590_8444910.jpg


いっぱい体を動かして、

年末年始についた贅肉を撃退だ~!!



リフティングに挑戦したら、記録を教えてね!
そしたらきっと私、ますます燃えて、
春にはお腹がペッタンコになっちゃうかも~~!
最後まで読んでくれてありがとう。
ポッチンの応援、宜しくお願いします! 053.gif 

   ↓1ポチ010.gif        ↓2ポチ016.gif
人気ブログランキングへ    にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
                にほんブログ村
by kabosu112 | 2010-01-23 08:57 | かぼすのこと | Comments(6)

今日も、特別な日



11月2日、とうとう、かぼちゃんが我が家の一員になって、1年が経ちました~~!

そして、誕生日も、正確な年齢も分からないかぼちゃんですが、この日を誕生日と決めたので、

今日は、3才の誕生日であります~~!
a0126590_5362255.jpg

わ~~い! 久しぶりに、こんなケーキを買っちゃいました。

お兄さん達の誕生日に、こんなことしたら、「恥ずかしいから、やめてくれない!?」と、言われますし、

かぼ父さんの誕生日は、もっともっと、ちっこいケーキですし、

私の誕生日は、大抵、数日過ぎてから、思い出されるのが恒例ですので・・・。



a0126590_536405.jpg

これまた久しぶりに登場の、お兄さん1号に抱っこされたかぼちゃん。

ケーキを囲んで、みんなでお祝の歌を歌いましょう~!

「かぼちゃん、おめでとう!」 



a0126590_5365744.jpg

ケンが亡くなり、「また犬を飼いたい」と、いう気持ちは、ずっと持ち続けていましたが、

仕事を持ちながら、新しい犬を迎えるということに、不安がありましたし、

ちゃんと世話をしていく自信がありませんでした。

ケンが毎日、真っ暗な部屋の中で、窓にへばりつき、私の帰りを、ただひたすら待っていた姿を思い出すと、

仕事を辞めない限り、犬を飼うのは絶対に無理だと、思っていました。



a0126590_5372473.jpg

でも、去年の夏から、「犬と暮らしたい」と、いう気持ちが、どんどん膨らんでいってしまい、

いつの間にか、里親募集のサイトを見ることが、毎日の習慣になっていました。

でも、知ってますか?

条件の一つとして、ほとんど書かれてあるこの言葉。

「長時間の留守番のない家庭」

やっぱり我が家には、犬と暮らす資格なんてないんだ・・・。



a0126590_537318.jpg

ところがです!! 忘れもしない、去年の10月24日。

仕事が終わり、帰り支度をしながら、携帯で里親募集のサイトを開いてみました。

同僚に、「こんなサイトがあるんだよ。」と、教える為だったと思います。

そこで、目に飛び込んできた最新の募集に、雷に打たれたような衝撃を受けた私。

「柴犬、佐倉」 。

速攻で帰宅し、パソコンを開き、何度も、何度も、里親募集の記事を読みました。

ない! どこにもない!

「長時間の留守番のない家庭」 の文字が、どこにもないんです。



a0126590_6591866.jpg

逸る胸を押さえ、募集記事を書いた、ちばわんの預かりのボランティアをしている方のブログを開くと、

写真を見て、またまた衝撃が~!!

なんと、私がいつもケンと散歩をしていた佐倉城址公園が写っているではないですか!!

そこからは、もう、突っ走るのみ。

夕飯の支度なんて、知ったこっちゃない。

家族の意見なんて知ったこっちゃない。

とにかく、応募しなくちゃ!  誰よりも早く、応募しなくっちゃ!!

私の素直な気持ちを、この預かりをしている方の、心に響くような、文面で書かなくっちゃ!!

確か、明け方までかかって、ようやく、納得のいくものができて、送信したと思います。



a0126590_7153846.jpg

なんと、翌朝すぐに、お電話を頂き、

その日のうちにお見合いをし、我が家の子をなることが決まったのでした!

かぼちゃんの里親募集の記事を発見してから、24時間も掛からないうちの早業でした。

良かった。

この預かり母さんと出会えて良かった。

共稼ぎの家庭には、犬と暮らす資格なんてないと思っていたのに、

我が家を信じてくれ、優しく、温かく、励ましてくれた。

「かぼす」 と、いう名前は、この預かり母さんのダンナさんが付けてくれた名前でした。

「好きな名前に変えていいですよ!」と、言って下さいましたが、

どうしてそんな必要があるでしょうか!?

この子は、かぼす。

まん丸、かぼす。 ちっちゃい、かぼす。

それ以外の名前なんて、考えられません。



a0126590_538075.jpg

かぼちゃんがやってきてから、我が家にまた笑顔が戻りました。

ケンがいた頃のような温かさが戻りました。

止まっていた時間が、また動き出した、そんな感じでした。

ケンと違って、とっても大人しいかぼちゃん。

留守の間が心配で、心配で、留守番モニターを申し込んでしまいました。



a0126590_538594.jpg

初めの数カ月は、一日に何度も、携帯で、かぼちゃんの様子をチェックしちゃいましたよ。



a0126590_5381451.jpg

さあ、話を戻しましょう。

私達は美味しいケーキを頂きましたが、かぼちゃんは食べられませんでしたね。



a0126590_5384485.jpg

ビスケットで勘弁してくれる?

でもね、今日は、素敵なプレゼントがあるんですよ!!

びっくりしないでね!

じゃじゃ~~~~ん!!



a0126590_540241.jpg

芋です。

職場の畑で採れた芋です!

先日の芋掘りで、大きなお芋がごろごろ収穫できたんですが、

ちびっこいのは、畑に残されたままだったので、拾ってきちゃいました。

大丈夫よ。 ちゃ~んと、許可はもらってきたから!



a0126590_5385240.jpg

かぼちゃん、毎日、毎日、美味しいお芋、食べようね!

そして、いっぱいお散歩、楽しもうね!



a0126590_539539.jpg

かぼちゃん、大好きよ。

かぼちゃん、愛してる。

かぼちゃん、毎日、チューして。

かぼちゃん、ずっと、一緒だよ。

かぼちゃん、ありがとう。

そして、神さま、ありがとう。  ケンちゃん、ありがとう。


↓1ポチ010.gif           ↓2ポチ016.gif
人気ブログランキングへ    にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
                    にほんブログ村

ランキングに参加しています。ぽちぽちっ2つのボタンのご協力、宜しくお願い致します053.gif
by kabosu112 | 2009-11-03 08:09 | かぼすのこと | Comments(22)

出会い




*今日は古い写真ばかりです! ボケボケでごめんなさい。


いろんな方のブログを見ていて、とっても羨ましくなるのは、

あどけない子犬の頃の写真を見た時。

私は、かぼちゃんの子犬の頃を知りません。

だってかぼちゃんは、正確な歳も分からない保護犬ですから。
a0126590_1465873.jpg

これは、初めてかぼちゃんに出会った日の写真です。

私にチューをされ、びっくりしているかぼちゃんの顔が可愛いでしょ?

愛護センターからかぼちゃんを引き出して、お世話をしてくれていた預かり母さんの元に、

私が犬親希望の申し込みをして、お見合いが成立したのです。


a0126590_1262959.jpg

去年の11月から、かぼちゃんは家族の一員になりました。


a0126590_1265888.jpg

体重は1キロ増え、体がふっくらと大きくなりました。


a0126590_127344.jpg

それ以上に態度も大きくなりました。


a0126590_147423.jpg

沢山沢山なでなでされて、愛情をいっぱい食べて、大きくなったんですね。

それにしても、この逆ハーレム状態、羨ましいんですけど。

お母さんだってこんな風に、なでなでされたいよ~!



最後まで読んで下さってありがとうございました。
ぽちぽちっとクリックして頂けると、とっても嬉しいです053.gif


人気ブログランキングへ    にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
by kabosu112 | 2009-09-10 02:31 | かぼすのこと | Comments(4)

かぼすは、動物愛護センターからやってきました。

ブリーダーの廃業で、19匹の柴犬仲間と共に、処分する為に持ち込まれたのです。

どんなに恐ろしかったことでしょう。

a0126590_1971439.jpg

かぼすを助けてくれたのは、

動物愛護センターから不幸な犬・猫を引き出して、

新しい家族を捜す活動をしている「ちばわん」です。

でも助けてもらえるのは、ほんの一握りのラッキーな子だけ。

命を処分する為に犬や猫を持ち込む人間は、後を絶たないそうです。

かぼすの仲間も全部は救い出すことができずに、お星様になってしまいました。


a0126590_1972278.jpg

引き出された後は、預かりのボランティアをして下さっている方の家庭で、

愛情をたっぷり注がれながら、家庭犬として幸せに生きていけるよう、

病気や怪我を治したり、しつけをして貰いながら過ごします。


a0126590_1973052.jpg

引き出されたばかりのかぼすは、こんなに爪が長かったそうです。

散歩をして貰ったことがなかったようです。

商品となる子犬を産ませる為だけに、生かされていたのでしょうね。

かぼす以外のほとんどの子は、フィラリアに感染していました。

予防すらして貰えなかったのです。

a0126590_1973866.jpg

預かり母さんの元で、避妊手術を受けました。

マイクロチップも入れて貰えました。 もう二度と不幸にならないために。

a0126590_1974784.jpg

愛護センターから引き出されて16日で、かぼすは我が家にやってきました。

誕生日もわかりませんし、いったい何才なのかも分かりません。

だいたい2~3才くらい、ということなので、

うちの子になった2008年11月2日を2才の誕生日に決めました。


a0126590_1975812.jpg

来たばかりの頃は、吠えることもなく、

ただただ大人しい、ぬいぐるみのようなワンちゃんでした。

床に落ちている物はどんなに小さな物でも全て避けて歩き、

オモチャにも興味を示しませんでした。

愛されたことなく成犬になってしまったので、甘えることを知らず、

抱っこをしようとすると、慌てて逃げてしまいました。



かぼちゃん、ゆっくりでいいんだよ。  少しずつ、少しずつ、家族になっていこうね。








って、そんなこと、言っていたよね。


でも、心配はいらなかったみたい。

だって、2カ月後には・・・・・



a0126590_1985416.jpg

かぼちゃん、



a0126590_199633.jpg

めくれたカバーは、自分で直してね!


by kabosu112 | 2009-06-21 22:12 | かぼすのこと | Comments(0)

2008年11月。

愛護センターに持ち込まれて、殺処分される寸前で命を救われ、

縁あって我が家の娘となったかぼす。
a0126590_19184872.jpg


これからは、一緒に、素敵な時間を過ごしていこうね!

我が家のみんなに笑顔を取り戻させてくれた「ちばわん」さん、ありがとうございました。

そして頼りになる預かりママさん、心からありがとう。
by kabosu112 | 2009-06-13 03:31 | かぼすのこと | Comments(7)