愛されるって辛いかも・・・


2号の懐に入ったつーちゃん。

a0126590_1452486.jpg


あったかそうだニャン!


a0126590_1492839.jpg


どうって入れられたのか、迷惑そうなかぼちゃん。



a0126590_1572920.jpg


ただ、耐えるのみ・・・。



a0126590_1552817.jpg


かぼちゃん、ファイト!



昨日も沢山のポッチンとコメントをありがとうございました。
昭和少年は、我が家の玄関先でダジャレを20個くらい連発してくれたのですが、
頭に残ったのが覚えられたのが、「たらこ」だけでして・・・。
今度、メモらせて貰いたいと思います。

昨日の朝5時半に、かぼ父さんは蔵王に出掛けていきました。
スキー、楽しんでいるかな?
温泉、気持ちいいだろうな!
ご馳走食べて、フカフカの布団に寝て、羨ましいな!
私はかぼ父さん担当の朝の散歩も行かなくちゃならず、もう大変!!
急げや急げ~~~!

最後まで読んで下さって、ありがとうございました。
「かぼすちゃんとおさんぽ。」は、2つのランキングに参加をしています。
下のバナーをクリックすると、ポイントが加算されてランキングが上がるシステムです。
バナーをポッチンして下さると、とってもとっても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願いします!emoticon-0152-heart.gif 

↓1ポチemoticon-0109-kiss.gif         ↓2ポチemoticon-0115-inlove.gif
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
Commented by sizuku at 2011-01-21 21:38 x
久しぶりのコメントです。かぼちゃん&つーちゃんに毎日癒されています。私は小柄なので、2号君みたいなことをしたら、潰されてしまいます。うちは巨柴ですから!!
Commented by ペペロンチーノ at 2011-01-22 07:29 x
愛は好きになることでなく、耐えること、許すこと。
愛にはファイトが必要だ!

世の中の男性、特に若者に読んでもらいたい本。でも絶版。

 「愛情セミナー」  遠藤周作 著

諸君は人生と愛する者とを比較して考えたことがあるか。この二つには何と似た関係があるだろう。

 人生は若いうちには魅力的で美しく、楽しいかもしれぬ。だが時がつもるにつれ、人生のみじめさ、辛さがはじまる。人生はもう青春時代のように美しくも魅力的でもない。

 しかしその人生を捨てぬこと、人生を背負うことが人生に対する「愛」である。時には自暴自棄となり、自殺の欲望にかられても、ふたたび、重い人生を負うて生きるのが「愛」である。

 同じように愛する者は若いうちは美しく、魅力的だ。しかしその美しく魅力的で共にいることが楽しかった相手も時がたつにつれ、色あせ、気の重い同伴者になるかもしれぬ、にもかかわらず「棄てないこと」―――少なくともその色あせて重苦しい同伴者を棄てぬ努力を続けることが「愛」である。やがて、その二人が老いた時、おそらく他の人々がつかめなかった深みある、秋の果樹園の光のようなものを掴めるであろう。

Commented at 2011-01-22 07:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-01-24 13:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by kabosu112 | 2011-01-21 05:24 | 1号2号兄さん | Comments(4)