一期一会



大きな大きなチョコラブちゃん。

お口の周りが白くなってる所をみると、アナタはもう、おばあさんですか?
 
a0126590_22263568.jpg


遠い所から車に乗せられやってきて、

双子みたいにそっくりな相棒と一緒に、千葉の田舎に置いていかれちゃった。



a0126590_22201461.jpg


たくさん、たくさん、赤ちゃんを産まされて、体はもうボロボロ。

吠えるとうるさいからって、恐ろしい手術で声帯を取られてしまい、

悲しくても、淋しくても、声をあげて泣くこともできない。



a0126590_22265564.jpg


廊下の向こうの部屋の仲間達は、毎日悲しい声を上げながら、

1日ごとに移動する壁に押されて、最後の扉がある部屋へと近付いていく。

最後の扉が開いたら、もう二度と帰ってはこれない。



a0126590_22202695.jpg


首に付けられた「譲」の文字は、死ではなく、生きるチャンスを与えられた印。

アナタの残された日々が、

新しい家族の元で、愛に包まれ、優しさに包まれ、幸せに満ちたものでありますように。



a0126590_22203576.jpg


「頑張れよ!」って、チョコラブちゃんに励ましの声を掛けるこの方・・・・。

先日の愛護センターの清掃ボランティアでご一緒したKさんです。



a0126590_2221169.jpg


数年前に読んだ、吉本ばななさんの小説(タイトルは忘れた!)の中に、

心優しい動物好きな、やたら素敵な男性が登場して、

「こんな人が実在したら、惚れてまうやろ~~!」って思ったんだけど、

このKさん、その小説に出てくる男性の上をいってました!!



a0126590_22212561.jpg


一緒に参加した2号も惚れたそうです。

「どうしたら、あんなに強くて優しくて、カッコイイ男になれるんだろう・・・」ですって。



a0126590_22213567.jpg


Kさん(koro-baboonさん)のブログがあるというので、

ドキドキしながら覗いてみました。

感動です!!

清掃ボラのことは、私とはまた違った視点から、綴られています。

何度も参加し、様々な思いを経験したからこそ、こんな言葉が出てくるんですね。

Kさんの文章を読んで、私は自分がちょっと恥ずかしくなりました。

それから、

ご近所で、飼育放棄状態になっていたワンちゃんを見つけたKさん。

さあ、Kさんはいったいどうしたと思いますか?



a0126590_2228730.jpg


是非是非、Kさんのブログ 「ホットドッグ☆Boon」 を、ご覧になって下さい。

もし読んで、Kさんに魅了されてしまった方は、

私がファンクラブの会長ですので、その旨をお知らせ下さいね。

本当に、カッコいいんですよ。

かぼ父さんの次に、ですけどね!!!



新年度が始まりました。
数日休んだだけなのに、頭はボケボケ。
いつもの調子を取り戻すのに、半日以上掛かってしまいました。
自分に甘いぐうたらな私。
専業主婦したら、ダメ人間になっちゃうこと間違いなしです。
最後まで読んでくれてありがとう。
ついでにポッチンの応援も、どうぞ宜しく!053.gif    

↓1ポチ010.gif        ↓2ポチ016.gif
人気ブログランキングへ    にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
             にほんブログ村


コメント返し、遅れています。
ごめんなさい。
明日は嬉しい金曜日。
明日、ゆっくり書きますよ~!
待っててね!

ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ミュウ at 2010-04-02 12:18 x
チョコラブちゃん、生きるチャンスをもらったんですね。
人間の身勝手な理由で、こんな風にたくさんのワンちゃんの命が
なくなってしまうなんて、本当に憤りを感じます。
でもよかった。赤い糸がつながりますように。。。
もなかちゃんも、赤い糸がつながってよかった。
ずっと読み逃げしてましたが(ゴメンなさいっ!)
もなかちゃんのこと、ずっと気になってました。
これでまた、2つに命が助かるんですね。
私もKさんのブログを拝見して、かぼすママさんの
「惚れてまうやろ~」という気持ちが、よ~くわかりました。
「強くて優しい」男性、、、私の側にもそんな人いないかな。
今日は気持ちが一気に上がりましたよ~↑↑↑



Commented by りりまむ at 2010-04-02 20:38 x
こんばんは。はじめまして!最近お邪魔して読み逃げばかりですみません。かぼすちゃんの事、読ませて頂きました。センターにブリーダー放棄で持ち込まれた記事、ちばわんセンターレポートでちょうど観ていてショックでした。あの写真プリントして持っています。白い子が咬みつき犬といって持ち込まれたのも。大部屋に柴ちゃんたちが真っ直ぐこちらを観ている写真で後ろの隅っこに伏せていたビーグルミックスの子が気になり週明けて朝一番でセンターに問い合わせました。もう処分された後で。。。仕事前に号泣でした。あれから一年半、毎日収容動物情報を観るのが日課となりセンターレポートも逃さずチェックしています。現在ちばわん卒のビーグル、センターレポート観て引き出して頂いたビーグルがいます。本当にこの理不尽な現実、心が痛む毎日です。お掃除のKさんのブログずっと覗かせて頂いてました。愛情の深い素晴らしい方だと思います。温かい気持ちになりますよね!Kさんの様な方が世の中に沢山いたら良いのにと心の底から思います。心が綺麗な方は間違いなく身なりも素敵だと想像します。一ファンとして応援したいと思います。
Commented by よしこ at 2010-04-02 21:00 x
チョコラブちゃんの沈みきった悲しげな瞳が、今までの犬生を語っていますね・・ごめんね、優しい人もいっぱいっぱいいるんだよ。
これからはやさしいパパやママに甘え、わがままが言えるような穏やかな時間を過ごしてほしいです。
そして私も清掃ボラをされていたKさん大ファンです♪
これからも自分たちが今出来る事をやり続け、愛おしい命を少しでも多く助けていきたいですね。
Commented by koro-baboon at 2010-04-03 05:51
チョコラブちゃん、あんな状況なのにずっと他の仔犬がいるケージから離れなかったのを思い出します。
もう自分の事だけ考えればいいのに、と言いたかったでした。
母親って・・すごいのですね。この子に少し教わった気がします。
かぼすママさん、大々的?にご紹介下さりありがとうございます。
正直、ここまで褒められるとそれは嬉しくて、速攻で浮かれて家族に報告しましたが、それ以来家族からは詐欺男と言われます。残念ながら、自分でもそう思います(-_-)」


Commented by kabosu112 at 2010-04-03 19:15
鍵コメさんへ

Kさんの愛読者から、私のブログの愛読者に・・・・。
なんて嬉しいのでしょう。ありがとうございます。
風習のお話、びっくりしました。
本当に目が離せませんね。
季節の変わり目です。お体に気を付けて!
これからも、どうぞ宜しくお願い致します。
Commented by kabosu112 at 2010-04-03 19:22
ミュウさんへ

処分されてしまうワンコのことを考えると、辛くて仕方ないけど、
引き出されて、預かりボラさんの元で、だんだんと変わっていくワンコを見るのは、大きな喜びですね。
もなかちゃんも、幸せを見つけて万歳です。
あはは、私も、もなかちゃんの所は、一年中読み逃げです。
Kさんのブログ、良かったでしょう~~?
言葉一つ一つに優しさが込められていて、心にす~~~っと入ってくるの。
男性であの文章を書くって凄くないですか?
Commented by kabosu112 at 2010-04-03 19:34
りりまむさんへ

初めまして!コメントを頂き、ありがとうございました。
ビーグルミックスのワンちゃん、間に合わず、残念でしたね。
でも、その時の悲しい思いは無駄ではなく、今のワンちゃんに出会うことができたんですね。
処分されたワンコ達が、今、天国で、安らかに、うんと幸せでいてくれることを祈りたいです。
Kさんのブログの中に出てくるベスちゃんを拝見して、
もしかしたら、こういう小さな老犬だったら、
うちでももう1匹大丈夫かしら、救えるかしら・・・・なんて、考え始めてしまいました。
りりまむさん、これからも、どうぞ宜しくお願い致します。
Commented by kabosu112 at 2010-04-03 19:45
よしこさんへ

よしこさんや預かり母さんに比べると、私は何も考えずに今まで生きて来てしまい、恥ずかしいです。
かぼちゃんとの出会いをきっかけに、いろんなことを知ることができました。
ちばわんさんのお陰です。
今の生活では預かりボラはできませんが、
このブログを通して、伝えていくことはできます。
柴犬のランキングからこのブログを見て下さる方は、
愛護センターの実態は知らない方が沢山いらっしゃいます。
よしこさん、ブログの応援、どうぞ宜しくお願い致します。
Commented by kabosu112 at 2010-04-03 19:54
koro-baboonさんへ

あははは! 詐欺師だったとは、ちっとも気がつきませんでした。
koro-baboonさんのブログを拝見して、表現の仕方って大切だなってつくづく思いました。
心に訴えるのは、理屈ではなく、言葉そのもの。
なんたってボキャブラリーの少ない私は、
開き直って、幼稚園児でも理解できるブログを目指します。
Commented by ロン姉 at 2010-04-07 00:58 x
かぼママさん、お久しぶりです。
この記事を読んでから、私に何ができるのだろう…と、ずっと考えてきました。。。
また、センターの様子では、『飼い主さんが連れてくる』と言うことに何とも言えない気持ちです。。。
我が家の先代犬は前の飼い主さんが、ペット禁止のマンションで隠れて飼い、見つかったので引越しの準備の間だけ預かる予定の子でした。迎えに来るのを待っていたでしょう。しかし、連絡が入ったのは引っ越し後すぐに違う犬を飼ったのでその犬をもらってくれ…と言うものでした!
隠されて育ったため、お散歩では歩けない子でしたし、家族が小さい子や他のワンコを触るのさえ、嫌がる子でした。。。

今でも、考えます、もしうちが引き取れる状況でなかったらと…考えるだけで、涙が出るくらいです。
そして、、、かぼママさんの記事をきっかけに改めて、考えることができました。もう一人を新たに迎えることはできないけれど、ほかにも出来ることがあるんですよね!!
なので、ぐずぐず悩んでないで、行動しようと思います!!
かぼママさん、勇気をありがとうございました!!!!!!!!
Commented by kabosu112 at 2010-04-08 04:57
ロン姉さんへ

ちょっと、その引越しの方、酷い人ですね。
違う犬を飼ったから貰ってくれなんて、信じられない。
でも、そんな人の元から、ロン姉さんの元で、新しい生活をはじめられたワンちゃんは、幸せでしたね。
愛される犬生に変わって、本当に良かった。
仕事が始まってしまうと、私も全く何もできませんが、
アンテナだけは張っておこうと思います。
ロン姉さんからは、いつも励まされています。
本当にありがとう。
by kabosu112 | 2010-04-02 00:19 | かぼすのこと | Comments(12)