私にできること



3月も終わりだというのに、とっても寒い1日でした。

夕方には雪まで降り、かぼちゃんは頭を白く染めながら、お散歩をしました。

さて、春休みの今日、私は人生で初めてのボランティアに参加をしました。

a0126590_23145018.jpg


場所は、ここです。



a0126590_2315152.jpg


ちょっと緊張しながら、門をくぐりました。



a0126590_2319991.jpg


まずは、人間の身勝手で殺処分されてしまった動物達の冥福を祈り、

慰霊塔に手を合わせました。



a0126590_23333118.jpg


今日一緒に参加したメンバーは、かぼちゃんの預かり母さんと、

3月はちょうどお仕事の合間ということで、何度も参加をしていらっしゃる男性Kさん、

そして私と、突然「俺も行く!」と言い出した2号です。



a0126590_2330931.jpg


まず更衣室で、

レインコート、ゴム手袋、腕カバー、マスク、シャワーキャップを身につけ、

センターの長靴に履き換えて、ここに入りました。

写真では何度も見た場所です・・・・ドキドキ。



a0126590_013588.jpg


今日、私達がやるのは、検疫室と呼ばれる部屋のお掃除です。



a0126590_233736.jpg


職員の方は勿論ですし、

最近は頻繁にボランティアが掃除に入っているそうですので、

思っていたよりもずっと綺麗になっていました。

写真は掃除後に撮りましたので、ピカピカの状態です。

チョコラブちゃんに、早速ウンチをされてしまいましたが・・・。



a0126590_23372013.jpg


まずは、子犬達が入っているステンレスゲージを綺麗にしました。

子犬を別のゲージに移し、排泄物にまみれた新聞紙と毛布、食器を片付け、

水を流しながら洗浄し、消毒をします。

そして新しい新聞紙、毛布をセットしていき、犬達を元の場所に戻していきます。



a0126590_23373129.jpg


掃除の間、一時的に子犬を移したゲージ等も、同じ要領で綺麗にします。



a0126590_23404291.jpg


最後は床や掃除用具も全て消毒します。

(↑この写真は以前のボランティアさんのものをお借りしました。)



a0126590_2353172.jpg


人数が多かったことと、作業に慣れたお二人の手際の良さ、

そして何より、収容されていた犬が少なかったお陰で、

それ程大変だと感じたことはありませんでした。



a0126590_23534499.jpg


でも、暖冷房のないこの場所。

真夏の掃除は、どんなにか、大変でしょうか。



a0126590_2354506.jpg


いえいえ、大変なのは、このゲージで過ごすこの子犬達。

凍える寒さに耐え、うだるような暑さに耐え、病気に怯え、

この狭いゲージの中で過ごさなくてはなりません。

無邪気に遊びたい盛りなのに・・・。



a0126590_2355934.jpg


この検疫室の子犬達は、2週間を無事に乗りきれれば、

子犬舎に移されて、譲渡会で新しい家族を探して貰えます。

どうか、みんな元気に乗り切って!!



a0126590_23533247.jpg


でも、病気にかかって死んでしまう子もいます。

横たわっている白い子は、もう明日は駄目かもしれません。



a0126590_23561051.jpg


子犬のほとんどは、持ち込みだそうです。

「番犬が知らないうちに妊娠・出産をした」

田舎の方では、よく聞く話です。

去勢、避妊手術をしてあげてさえいれば、こんな風に捨てられる命は生まれないのに。



a0126590_043658.jpg


掃除の後は、身につけたレインコート等は全て焼却処分にするそうです。

次に、センターの中を見学させて頂きました。

ここも検疫室です。



a0126590_095659.jpg


ここにいるということは、殺処分を逃れることができたんですね。

2週間、頑張れ!!



a0126590_010528.jpg


新しい家族がきっと見つかるよ。



a0126590_0101248.jpg


この犬は、放浪していた所を、通報に寄って捕獲されたそうです。

でも通報した方が、このままだと処分されるということを知って、

引き取りを申し出てくれ、ちょうど迎えに来てくれたところでした!

良かったね、幸せになって!!



a0126590_0115939.jpg


かぼちゃんはこの扉の中で、

捨てられた柴の仲間の2匹と一緒に、2週間を過ごしたそうです。



a0126590_0201288.jpg


廊下を挟んだ向こうの部屋からは、悲しいなき声が響いています。



a0126590_0345080.jpg


子犬はもらい手が多くいますので、検疫にかけられて譲渡会に出されますが、

この犬達は、このままだと殺処分にされてしまいます。



a0126590_035169.jpg


迷子になった飼い犬を探しにやって来た方が、2名いました。

どちらの方も、愛犬と再会することができました。



a0126590_0351713.jpg


鑑札をつけ、連絡先を分かりやすい所につけてあげていれば、

こんな恐ろしい所に収容されなくて済んだのに。

絶望した様子でうずくまり、見動きもせずにいた犬が、

迎えにきた飼い主の声を聞いた途端に、すっくと立って、瞳が輝き出したんですよ。

良かった・・・良かったね、お家に帰れるんだよ。



a0126590_0353150.jpg


迷子で捕獲される時は、首に縄を付けられたりして、うんと恐ろしい目に遭いますので、

犬も暴れたり、噛みつこうとしたり、必死で抵抗します。

そんな状態ですから、いくら首輪に連絡先が書いてあったとしても、

余程目立たない限り、見落としてしまうこともありえます。

迷子札、しっかり付けましょうね!



a0126590_0354481.jpg


病気になったから、年を取ったから、近所から苦情が出たから、引越しするから・・・。

そんな理由で愛護センターに愛犬を持ち込む人は、後を絶たないそうです。

飼い主から持ち込まれた成犬は、基本的に、翌日には処分されてしまうそうです。



a0126590_0373853.jpg


ここは、最終部屋。



a0126590_038333.jpg


明日の朝8時に、ガス室に送られるそうです。



a0126590_0393232.jpg


ごめんね。



a0126590_039448.jpg


何もしてあげられない。



a0126590_0395557.jpg


ごめんね。



a0126590_040466.jpg


ごめんなさい。



a0126590_039576.jpg


この奥が、殺処分の部屋です。

特別に見せて頂きました(撮影は禁止です)。

最終部屋の扉が開くと、犬達は細い廊下を進んで行きます。

その先には、コンテナのような真っ暗な箱。

ガス室です。

二酸化炭素による窒息死。

狭い箱の中に押し込められ、ひしめき合い、もがき苦しみながら、死を待ちます。

犬達の遺体は、コンテナからザザザーッと、別の大きな入れ物に落とされ、

次にそのまま自動的に焼却炉の中へ移されます。

人間を火葬するのと同じくらいの温度で焼くので、子犬などは骨さえ残らないそうです。

骨は産業廃棄物として、業者に引き取ってもらうんだそうです。

ボタン一つで、人間の手を汚すことなく、灰になる命たち。

この部屋を見て、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所のことを思い出しました。

絶望と、闇。 ただ、それだけの部屋。



a0126590_0553410.jpg


ちばわんのボランティアの方々が、殺処分を待つ犬を引き出しに来ていました。

殺処分を減らす取り組みは、徐々に広がってきています。

ここでも、5年程前は毎日のように殺処分をしなくては間に合わなかったのが、

今では週に何回かは、処分しない日ができたそうです。

しかし、千葉県と茨城県の殺処分の数は・・・・・・あまりにも多いそうです。



a0126590_049518.jpg


これは、マイクロチップを読みとる機械です。

たとえ迷子札が外れても、マイクロチップが入っていれば、

すぐに飼い主に連絡が行き、この恐ろしい部屋に入れられることはありません。

かぼちゃんは、保護された時に、ちばわんに入れて貰いました。



a0126590_0521485.jpg


職員の方々は、学校や保育園等に出向き、

動物と触れ合う機会を作ると共に、命の大切さを教える取り組みをされているそうです。

こうした地道な努力が、一人一人の意識を変えていくんですね。



a0126590_4375020.jpg


かぼちゃんが収容されていた場所をこの目で見て、

家に帰ってかぼちゃんに、心からこう言いました。

「かぼちゃん、ようこそ、我が家へ! 一緒に幸せになろうね!」



犬の譲渡会やボランティアについて知りたい方は、
愛護センターのホームページをご覧ください。
個々に連絡されてしまうと、センターの通常業務に支障が出てしまい、
ひいては譲渡作業にも影響を及ぼす可能性がありますので、
絶対に避けて下さいますようお願いします。


長くなってごめんなさい。
暗い話でごめんなさい。
最後まで読んでくれてありがとう。
ついでにポッチンの応援も、どうぞ宜しく!053.gif    

↓1ポチ010.gif        ↓2ポチ016.gif
人気ブログランキングへ    にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
             にほんブログ村
よく勇気をもって行かれましたね。なかなか辛い場所なのに、頭が下がります。かぼちゃんの幸せそうな寝顔‥本当はみんなもこんな顔で寝れるはずなのに。切ないけど、悲しむだけじゃダメなんですよね!一歩でも動かないと。私も微力ながら頑張ろうと思います。
Commented by taearc at 2010-03-30 06:37 x
かぼすママさん、2号さん お疲れ様でした!
今日の記事は胸をギュッと握られたように切なく悲しく涙が流れて仕方ありません。
どうして・・・どうして・・・、そんな言葉が頭を渦巻いています。
あー、もう言葉がうまく見つかりません。。。
かぼすママさん、この記事でまた一人でも多くの方が考えを直してくれる事を期待してます。
一人一人の力は小さくても、集まれば大きな力になります。
その一人に私もなりたいと今までよりもっと大きな気持ちが涌いてきました。
暗話でも辛い話でもこうやって記事にしてくださってありがとう!
Commented by ハママ at 2010-03-30 07:13 x
かぼママさんお疲れさまでした。
記事の内容を見て、
昨日、あまりに軽々しく「クイズ」の答えをしていた自分が恥ずかしくなりました。
まず、一番にあやまらなくては・・・と、思い
メールしました。
ごめんなさい。

また後で、改めてメールさせてくださいね。
Commented by ロン姉 at 2010-03-30 11:45 x
かぼママさん、お疲れ様でした。
とても辛い場所でのボランティア…かぼママさんの勇気と行動力に私も勇気をもらいました。
本当にありがとうございました。
色々と思うことはありますが、胸が一杯なので、、、、

かぼちゃん、幸せになってね!!
Commented by ミカ at 2010-03-30 12:09 x
本当は目を逸らしたらいけないってことは分かってる
けど・・涙で画像も文字も見えません・・・
かぼママさん記事にして下さって有難うございます。
いつの日か、殺処分される仔が居なくなります様に・自分にも出来ることをコツコツやって行きたいです。

かぼちゃん・・ママさんとこに来て良かったね!
Commented by ツブシオ at 2010-03-30 14:25 x
はじめまして・・・つい最近こちらのブログを知りました。
とっても愛くるしいかぼすちゃんとの日常を綴っておられて、でもそのかわいいかぼすちゃんが、保護された子というのに驚いてきました。
今日の記事は、読む方も、書く方も、最終室にいる子たちの明日を考えると、とても辛いものがあります。でも、その辛さを乗り越えて記事にしていただき、ありがとうございました。
Commented by チャチャまま at 2010-03-30 16:07 x
初めまして♪
いつもかぼすちゃんに心を癒されています。
愛護センターのボランティアにいらしたんですね。
お疲れ様でした。

私は「ちばわん」のレポートを見て、いつもいつも泣いていました。

泣いてるだけじゃ始まらない!と2月から「預かり」のボランティアを始めたのです。
最初の2匹はバルボを発症し虹の橋を渡ってしまい、悲しくて二度と預かりはできない・・・と泣いていましたが、今週から4ヶ月くらいの子を預かっています。
1~2ヶ月の子達は譲渡会で貰いてが決まるけど、少し大きくなった仔犬は・・・だそうです。
うちには犬嫌いの成犬(柴)がいるので、できれば子犬を預かりたい、と希望しています。
3~4ヶ月の子達を一匹でも多く救いたい。。。

フルで仕事をしているので、センターがやっていない土日しか休みがありません。

かぼすママさんが私の心を一緒に連れてボランティアをやってくれたんだ・・・なんて図々しい事を思ってしまいました。
Commented by よしこ at 2010-03-30 18:56 x
はじめまして。
センターの清掃本当に本当にありがとうございました。
センターレポートは、いつもごめんなさい・・この言葉しかでません。
なぜあなた達がガス室で殺されなければいけないの、命を奪われなければいけない何をしたと言うの!
私も保護団体のボラに参加させて頂いていて、命のカウントダウンを経験した子達の生き生きした瞳に私のほうがパワーをもらっています。今、仕事をしんがら就職活動中で新しい仕事が決まったら、私も清掃ボラに参加させて頂きます。感染症からわんちゃんを守る事が次のスッテプに繋がるんですよね!!
かぼちゃんママ様本当にお疲れ様でした。
Commented by ハママ at 2010-03-30 19:40 x
朝イチでコメして一日・・
頭の中でいろいろ考えてました。
まずは、かぼママさんと2号兄さんの
行動に敬服してます。
そして、レポを読んでて感じたこと・・・。
内容はとっても悲しいものなんだけど
ここにつれてこられた子の中に
無事に家族の元に帰ることができた子がいたことに
ものすごい安堵感が心の中に広がってます。
安易に処分の道を選ぶ飼い主(業者)もいれば
必死に我が子を探して引き取って行く人・・・。
物が言えない弱い立場にあるペットたちを
生かすも殺すも私たち人間次第なんですよね。

マイクロチップのこと
ちょっと真剣に考えてみようかな・・・。

かぼちゃん、かぼママさんちの子で
本当によかったよぉ~!!!
Commented by えつじん at 2010-03-30 21:31 x
はじめまして!いつも楽しく見させてもらっています!
うちは柴犬「春子」と一緒に暮らしています。
今日のブログは涙が止まりませんでした…
引っ越しだから、苦情が出たから・・・そんな人間の都合で一緒に暮らしていた家族を処分させるなんて、本当に信じられません…
驚きました…悲しいです。犬が可哀そうで…
春子を抱きしめてしまいました。
春子にも迷子札を付けていますが、マイクロチップも考えます!
私も何もしてあげることはできませんが、せめて春子にはこんな思いをさせないで幸せな一生を送らせてあげたいから。
改めて身の引き締まる思いを感じました!
ありがとうございました!お疲れさまでした!
これからも楽しみにブログ読ませてもらいます!
Commented by sakura_nsmr at 2010-03-30 23:12
かぼすママさん、準備していた道具で清掃ボランティアだなとすぐわかりました。2号にいさんも行ってくれたんですね。

tomotenkuriさんと、kさんのブログも見ていましたので、清掃の様子がよくわかります。ほんとにお疲れ様でした。

重く厳しい状況の中で、犬たちの最後まで信じている瞳には胸がつぶれそうです。その中で、飼い主に会えたワンちゃんたちのエピソードにはホッとします。

あずきと生活していて、この子の後ろにはたくさんの処分された子たちがいるのだなと、いつも複雑な思いであずきを見ています。だからその子たちの分まで幸せにしなければいけないんですが。

人間の身勝手さ・傲慢さをレポートを見ると考えさせられます。
Commented by taearc at 2010-03-31 00:00 x
上にコメ入れましたが今回のは事後承諾のお詫びコメです。
今日の私の記事にかぼママさんのこの記事を掲載させてもらいました。
事後報告でごめんなさい。。。
Commented by れいごん at 2010-03-31 00:10 x
もうこの世にはいない沢山のワンコたちが
どんな苦しい思いをして最期を迎えたのか・・・持ち込んだ飼い主たちに知ってもらいたい!
Commented by ミュウ at 2010-03-31 12:54 x
はじめまして。
ボランティアのお仕事、ご苦労さまでした。
かぼすママさんのこと、本当に尊敬します。
レポートを見て、涙が溢れてきてしまいました。
人間って、なんて傲慢なんだろう。。。
3年程前に、5歳の柴犬の子が急逝してしまいました。
それからはもう2度と、動物と暮らすのはやめようと思っていましたが
かぼすママさんもブログを読み始めてから、また一緒に暮らしてみたいと
思うようになりました。
今はまだいろいろな事情があって、一緒に暮らすことができません。
でもいつかその時がきたら、かぼすママさんのように里親になって
1匹でもいいから、幸せにしてあげたいと思っています。
それが今の夢です。
最近はペットショップの子犬たちを見ると、なんだか涙が出てしまいます。
もし赤い糸がつながらなかったら、この子たちはどうなるのだろうって・・・。
この世の中から、不幸なワンちゃんやニャンちゃんがいなくなることを
心から祈ります。
私は富里市に住んでいるので、いつかかぼちゃんに会ってみたいな~。
かぼちゃんの顔を見てると幸せそうで、本当に癒されます。
これからもかぼちゃん一家のこと、ずっと応援します!
Commented by 栗ママ at 2010-03-31 15:23 x
初めてお邪魔させていただきました。
偶然の検索でかぼすちゃんのことにたどり着いたのにブログのトップに愛護センターが・・・・・
清掃ボラお疲れ様でした。
平日仕事でなかなか参加できません。
いつもいつもレポートみて涙していました。
私はまだセンターに足を踏み入れる勇気がありません。
センターのあまりに残酷な様子をレポートを読んでも悲しすぎるのにその場に立ったら私はどうしたらいいのか混乱してしまいそうです。
今年、預かりを始めました。
大変だろうと思ったけど愛情に飢えていた子は愛情ですぐに応えてくれます。大変さより教えてもらうことの方が多いです。
今は一日も早く本当のおうちが見つかること願ってます。
色々な形のボランティアでセンターでの処分機が稼動しない日が一日でも増えるよう、そしてセンターに来る犬・猫が居なくなる日が来ますように・・・・・・
Commented by kabosu112 at 2010-03-31 18:03
おはぎさんへ

不思議ですね。
まさか自分がこんな場所に行って、目を覆いたくなるような現状を、
実際にこの目で見ることになるなんて、想像もしていなかったです。
保護活動をしている皆さんに比べれば、私なんて無知だし、何もできてないと思います。
せめて目をそらさず、伝えることだけは、していこうと思います。
Commented by kabosu112 at 2010-03-31 18:13
taearc さんへ

taearcさんのブログで、紹介をして下さってありがとうございました。
かぼちゃんが我が家に来るまでは、私だって何も知らなかったです。
一人でも多くの方に知って頂きたいですね。
taearcさんのこれからに、期待しています。
Commented by kabosu112 at 2010-03-31 18:25
ハママさんへ

しっかり受け止めて下さって、ありがとうございました。
一晩でも収容されてしまったら、たとえ家に戻れたとしても、
あまりの恐怖の体験のトラウマで、しばらくは様子がおかしくなるそうです。
迷子になったら、家に帰れない子の方がずっとずっと多いそうです。
迷子を見つけるのは、一般の人です。
まずはその人が迷子札の電話番号を見つけてくれれば、捕獲なんてされずに済むのです。
連絡先が分からないから、仕方なく、愛護センターへ通報ということになります。
誰の目にもすぐ分かる名札を付けるのが1番です。
マイクロチップは、とっても安心できます。
Commented by kabosu112 at 2010-03-31 18:32
ロン姉さんへ

こちらこそ、いつも励まして頂いて、感謝しています。
本当にありがとう。
実際に行った時より、今の方が胸に突き刺さっています。
あの時はなんだか必死で、心にフィルターが掛かっていた気がします。
今、写真を見て、泣けてきます。
Commented by kabosu112 at 2010-03-31 18:36
ミカさんへ

ありがとうございます。
こんな風に、しっかり受け止めて下さった方がいると思うだけで、勇気が湧いてきます。
私なんて、他のボランティアの方々に比べると、まだ何もできていません。
できることから、コツコツと・・・・ですね。
Commented by kabosu112 at 2010-03-31 18:43
ツブシオさんへ

初めまして!
記事を読んで下さり、ありがとうございました。
あの記事を作るのに、6時間掛かってしまいました~~~!
写真が沢山あったので、それを選んで編集するのに、苦労しちゃいました。
でも、多くのみなさんの心に届いて、本当に嬉しいです。
あの子達の死を無駄にしないように、もっともっと伝えていきたいです。
Commented by kabosu112 at 2010-03-31 18:58
チャチャまま さんへ

初めまして! コメント、ありがとうございました。
フルタイムで働いていて、預かりができるんですか?
働いていることを理由に、いろんなことから逃げています。
私より、チャチャまま さんの方がずっと凄いではないですか!
ブログも拝見しました。
湘南の日は無理ですが、そのうちいぬ親会に行きます。
いつかお会いできるといいですね!!
どうぞ、頑張って下さい。応援しています。
Commented by kabosu112 at 2010-03-31 19:04
よしこさんへ

初めまして! 
センターの掃除、本当はもっと頻繁に参加できたらいいのですが、
次は夏休みになってしまうかな?
不安もありましたが、行って良かったです。
気が利かないので、たいして力にはなれなかったとは思いますが、
みなさんに伝えることはできます。
何度でも足を運んで、何度でも伝えたいです。
よしこさんの就活、うまくいきますように。
Commented by kabosu112 at 2010-03-31 19:15
えつじんさんへ

初めまして! コメントを頂き、ありがとうございました。
愛犬を平気で捨てるような人は、こんなブログなんて読まないでしょうし、
いったいどうしたらそういう人間達の心に、この思いを訴えることができるのでしょうか?
最後の最後まで、迎えに来てくれるのを信じて待っていたでしょうに。
お互い、春子ちゃんのことも、かぼちゃんのことも、しっかり愛してやりましょうね。
Commented by kabosu112 at 2010-03-31 19:20
ズボラーさんへ

行って良かったと思っています。
ズボラーさんのコメントを読んで、
すぐにtomotenkuriさんに連絡して、Kさんのブログを教えて貰いました。
涙があふれました。心が震えました。
今度、紹介させて頂きたいです。
ズボラーさんのコメントに、感謝しています。

Commented by kabosu112 at 2010-03-31 19:24
れいごんさんへ

ボタンを押すのは、持ち込んだ飼い主にやってもらいたいと思いました。
本当に許せません。怒りで震えてきます。
Commented by kabosu112 at 2010-03-31 19:31
ミュウさんへ

富里ですか! すぐ近くですね。
逢おうと思えば、30分で逢えますね~!
愛護センターも富里・・・・。
職員の方の思いや努力を、もっとしっかり伝えたかったです。
いつか里親になるのが夢なんて・・・心にポッと灯りが点いた思いです。
私は・・・いつか、預かりのボランティアをしたいです。
Commented by kabosu112 at 2010-03-31 19:40
栗ママ さんへ

初めまして! 偶然に、かぼブログへようこそ!!
センターの清掃よりも、預かりの方がずっとずっと大変なことですよね。
しかも、お仕事を持っているなんて。
自分の甘さを反省しました。
わたしも、探せばまだまだ力になれることがありますよね。
またまた勇気をもらいました。ありがとう。
いつか、いぬ親会に参加します。
かぼちゃんに会ってください。
by kabosu112 | 2010-03-30 04:54 | かぼすのこと | Comments(28)