みんなの声から勇気が生まれる



優しい時間が流れる、日曜の午後。

a0126590_0291136.jpg


冬毛が抜け始め、掃除が大変な季節の到来です。



a0126590_0292490.jpg


のんびりくつろいでいるけど、後で、あれするからね。

いいですね!



a0126590_0293868.jpg


かぼちゃんの苦手なシャンプーですよ。

ふんわりふかふかの美人さんになりましょうね。



a0126590_0295126.jpg


夕方の散歩の後、かぼ父さんが洗ってくれました。



a0126590_030176.jpg


シャンプーの様子を撮ろうと思ってバスルームを覗いたら、

かぼ父さんの格好が、おパンツ1枚の姿でしたので、残念ながら諦めました。



a0126590_030828.jpg


丁寧にドライヤーをかけて、いい匂いのふかふかかぼちゃんになりました。



a0126590_0302256.jpg


先日の記事、「新しい命と消される命と・・・」を載せてから、

たくさんの応援ポチとコメントを頂きました。

心から感謝申し上げます。



a0126590_0303341.jpg


同じブログ村柴犬カテゴリーの「モジーノ家のそれでも犬生活」のもじ子さんは、

心強い応援記事「応援しているブログ、かぼすちゃんとおさんぽ。」を書いて下さいました。

私の言葉が足りなかった部分も、簡潔に伝えて下さってあります。

そして、モジーノ家のコメント欄にも、考えさせられる沢山のコメントが寄せられており、

何度も繰り返し、読ませて頂きました。

もじ子さんのお返事も、大変勉強になります。

まだお読みになっていない方は、是非、ご覧下さい。



a0126590_0311774.jpg


頂いたコメントの一つ一つにお返事を書きたかったのですが、

あの記事を書いた日から、かなりの睡眠不足が続いております。

じっと座っていると、頭がクラクラ、すぐに瞼が閉じてしまうという情けない有様です。

お一人お一人に、ありがとうがいいたいのに、ごめんなさい。

今日は、みなさんからのコメントを、いくつかご紹介させて頂きたいと思います。



a0126590_0313360.jpg


今は何の力にもなれない。。。 ただこの記事の写真と文章を見て

わんわんと声を上げて泣くことしかできません。 ごめんなさい。             こめ母さん



何の力にもなれないなんてことは、ありませんよ。

こうしてコメントを下さっただけで、私に勇気を与えて下さいました。

もっとできることがある筈だって、背中を押された気がしました。

言葉は、力を生み出すんです。 ありがとう。



a0126590_0315682.jpg


ウチのお客様にペットショップなら保護犬を!といって

「中古はだめなんだよね~」て何回か言われました(怒)

中古て!何よ!客人でも大喧嘩しちゃいます!まだまだ負けませんよ!         おはぎさん
     

中古・・・・酷い表現ですね(涙) 

おはぎさん、尊敬します。 私も頑張ります!!



a0126590_0322072.jpg


日本でも一日も早く、(イギリス等のように)許可のない個人や店頭での動物売買が禁止になって、

センターから成犬を譲り受けることが普通の社会になることを願ってやみません。

でも、最近では動物実験をしない化粧品メーカーもでてきたりと、

変わらないように見えた物事も、一人一人の声から少しずつ、

でもしっかりと変えていけるんだなって感じます。

そうした変化の土台には、必ずかぼすママさん達のように一人一人の声と行動があるんだなぁって。

色々振り返らせられました。                         ハム助さん



ありがとうございます。

私はまだ何も始めていません。 でも、これからですよ!!



a0126590_0323135.jpg


あまりにも亡くなった愛犬への思いが強すぎて、

まだ一歩踏み出せません。いつかは、ちばわんの関係者を通じて、

1匹でも犬の命を助けたいと思っているのですが・・・         走快エイトさん



ペットを飼いたいと言う気持ちはありましたが、

安易に飼ってはいけないのだなと思うようになりました。

もしどうしてもの場合は、里親になる道を選択します。         ムジカさん



うちの子は、ペットショップで売られている犬しか知りませんでした。

でも、今回このような記事を載せてくれたことで、

子供達にも愛護センターという所をちょっとだけ教えることができました。

下の子は犬が欲しくて仕方ないのですが、家族の反対があって飼えません。

でも大きくなったときに自分でお世話ができるようになったら飼えばいいんじゃない・・・?!

と教えてあります。 その時は、愛護センターから探す!!といっていました。        スイカ妻さん



a0126590_0324354.jpg


「愛護センター」 辛い環境で育ってきた子、飼い主にゴミのように捨てられた子、

迷子になって帰れなくなった子。

悲しい犬生の幕を下ろす為の場所から、かぼちゃんのように、

幸せを掴める子達がもっともっと増えますように・・・

そしてなにより、そんな悲しい場所に運ばれる命がいつの日か無くなりますように・・・   さくら&ゆうままさん




軽い気持ちで飼って、軽い気持ちで捨てる・・・ひどい事です。

捨てた飼い主は自分の犬や猫が処分される所を見るべきです。

あの悲しい声を出してドリームボックスに押しやられる姿を。

これがあなたの犯した罪だと。それでも平気でいられるのかと。        凛ママさん



a0126590_0331777.jpg


私も、ペットショップは嫌いです。

ペットショップのわんこたちは、大きくなると商品価値が下がるので、

命を維持するだけの最小限のエサしか与えられず、

エサの入っていたお皿をいつまでもいつまでもなめ続けています。

それでも売れないと年末に「福袋」として売り出されていました。

「命」を商品として扱うことは、許されないことだと思います。           十兵衛さん



助かる命と助からない命にどんな差があるんでしょう?

いえ何の差もないですよね・・・

私達人間の命もワン達の命もみんな同じ尊い命なんです。           ミカさん



a0126590_0333671.jpg


かぼちゃんが今、家族を信頼しきっていることが全てに思えます。

また、幸せなかぼちゃんのいる家族は幸せだと思います。            nekoさん



今、もう一人を迎えることは出来ませんが、

今いる子を精一杯愛し、何かお手伝い出来ることを探そうと思います!!     ロン姉さん



改めて命の大切さを感じました。

人間の勝手な理由で捨てられた命を一匹でも多く、

飼い主と一緒に過ごした幸せな命に変えられるように、愛犬と家族と共に祈っています。   ふくちゃんさん



a0126590_0334628.jpg


この現状から一つでも多くの命が救われることを、心から願っています。

かぼちゃんはホントに幸せそうな顔をしています。                 たらまる子さん



かぼちゃん、かぼすママさん、頑張って下さい。

自分も何かお役に立てたらと思っております!!                  ドカ弁さん



a0126590_034096.jpg


センターでのわんこたち,じっと見つめる目が悲しそうで・・・

まだ人間を信用してるんだと思うと悲しくて涙が出ました。

かぼすちゃん,優しいご主人に出会えてよかったね♪                yukarincoさん



私も今は新しい1つの命を救ってあげる事は出来ないけど、

少しでも何かの役に立ちたいと思いますし、思っているだけじゃなく、

役に立てるような情報を探してみようと思います。                 じんねぇさん



a0126590_0343776.jpg


犬が好きな私たちが、自らペット事情を劣悪なものに作り上げてしまっている、

という現状をもっと認識しないといけません。

好きだからこそ去勢、避妊について真剣に考えて決断しないといけないんですよね。

幸せワンコと不幸になってしまうワンコ。

両方とも私たちの操作で決まってしまうなんて、それこそ不幸過ぎます。

かぼちゃんのように再び愛される機会をもらえるコがどれだけいるか・・・

やはり私たちは啓蒙していかなくてはいけませんね。

大好きなワンコのためにも・・・。                           瀬那ままさん



『殺処分ゼロ!』目標はとんでもなく大きいですが、

個人個人でできることは絶対にあるはず!

私も改めて自分が何をすべきか、再確認できました!             れいごんさん




うちのたろうは「差し上げます。可愛がって下さい」という張り紙のされたケージに

兄弟と2匹で入れられていたのを連れて来た子です。

今ではうちの王子様 家族皆を幸せにしてくれていますがあの時の不安そうな顔を忘れません。

そして後ろ髪引かれる思いで置いてきたもう1匹の子は今頃どうしているのか気になって・・

何故一緒に連れて来てあげなかったのかとずっと後悔しています。

どうか全ての犬や猫が幸せになれますように・・                     ひなさん

                 
                                         

a0126590_0344712.jpg


今回、ご紹介できなかった皆さん、ごめんなさいね。

今、隣にいる人に、命を消される動物達の話を教えてあげるけでもいい。

何もできないなんてこと、絶対にないんです。




皆さん、何度でも言います。

勇気を下さって、ありがとうございました。

そして、最後に・・・・


a0126590_0345673.jpg


☆1位おめでと~う!!!☆     

今、ママとポチを押したら... かぼたんが1位になってました!!! ^ー^すごくうれしいです。

ずっと前が、6位だったのにあっと言う間ですね。                  かれんちゃん



かぼちゃんの応援団長、かれんちゃん、いつもありがとう。

フランスからのエール、すごく近くに感じています。

これからも、どうぞ、宜しくね!!



明日、いえ、もう今日ですね。
今日は父の17回忌法要です。
月日の経つのは速いなぁ・・・。
最後まで読んでくれてありがとう。
ついでにポッチンの応援も、どうぞ宜しく!emoticon-0152-heart.gif 

   ↓1ポチemoticon-0109-kiss.gif        ↓2ポチemoticon-0115-inlove.gif
人気ブログランキングへ    にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
             にほんブログ村
Commented by かれん at 2010-03-22 06:38 x
コメントが載ってて、すごくビックリしてうれしかったです。(^ー^)(*0*)
ありがとうございました。
Commented at 2010-03-22 12:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-03-22 12:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by レーナ at 2010-03-22 14:31 x
「避妊と繁殖反対」に関してですが、ワンちゃんの自由恋愛で子供を作るのは悪い事では無いと思います。
それで出来た子供を「育てられない」「引き取り手がいない」といって処分するのは無責任だと思いますけど。

それよりブリーダーが、無理やり繁殖させること、そのうち市場で売れない子を処分すること、こちらの方が劣悪で処分数も大きそうに思います。

犬権を守り、少しでも多くの命を助けるとしたら、個人単位で避妊手術をするより、ブリーダー・ペットショップといったペット市場を縮小させる方が効果的のように思います。

例えば避妊せず自由恋愛で子犬が産まれたとして、インターネットや雑誌などのメディアを通して里親を探し、無償で授受する場合、その競合相手は愛護センターのワンちゃんではなく、ペットショップの子犬になるのではないでしょうか。
Commented by レーナ at 2010-03-22 14:31 x
(続き)
愛護センターのワンちゃんは一度捨てられてしまった過去を持つ子達で、病気があったり、ある程度成犬の場合もありますよね。
そういう子達を迎え入れる自信が無い方々もいると思うのですが、個人授受がそういった方々をペットショップへ向かうのを阻止する形になるなら、結果として、ペット市場の縮小に繋がるのではないかとも思います。

ワンちゃんもただ愛玩犬としての犬生だけでなく、恋をして、子供を作りたいと思うのが本能だと思いますし、「避妊するべき」という主義の下、安易に権利を奪うのも可哀そうなことなのかと思います。

全ての命を救うのは難しいです。人間もワンちゃんも、他の動物を殺して喜んで食べてますし、その動物達とワンちゃんと何が違うのか良く分かりませんし。
マクロ的には、より良い繁殖と授受のシステムを作ることと、ミクロ的には個人が授かった子を幸せにしてあげることなのかと思います。
Commented by さくらママ at 2010-03-22 15:59 x
そろそろですね!抜け毛の季節…。
かぼちゃんは、家の中にいるので掃除が欠かせないですね!
暫くは、さくらの毛との戦いが始まります。(>_<)
が、外にいる分ましかなぁ~!
↓かぼちゃんの前掛け、吹き出しちゃいました…。
かわいらし過ぎますよ~!^0^
Commented at 2010-03-22 19:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hanetukifu-fu at 2010-03-22 21:21 x
抜け毛の季節 毎日コロコロカーペットが手放せない時期ですね(-.-)
かぼちゃんの幸せいっぱいの写真 いつも楽しく&ほのぼのと見せてもらってます。
 実はコウも保健所にいた子です。
 私もいつかメッセージ書きたいな~と思っているところでした。
 本当に保健所に持ち込まれる犬・猫が居なくなることを願っています。
 コウには最後まで生きれなかった子たちの分まで愛情を注ごうって決めてます。
 小さな一歩だけれど、大人になってからのワンコだって家族になれる事を、伝えて行きたいって思っています。
 
Commented by kabosu112 at 2010-03-23 00:08
かれんちゃんへ

こちらこそ、ありがとうですよ。
コメント欄とか、文字の色が変わってしまったの。
どうして変わったのか、さっぱり分かりません。
Commented by kabosu112 at 2010-03-23 00:10
さくらママさんへ

しばらくはお客様はお呼びできなくなります。
ファスナー付きの冬毛コートだったら、すぐに脱げるのにね。
ブラッシング、頑張りましょう。
Commented by kabosu112 at 2010-03-23 00:14
hanetukifu-fu さんへ

初めまして。コメントありがとうございます。
>大人になってからのワンコだって家族になれる事を、伝えて行きたいって思っています。
これですよね、私達にできる1番のことって!
ボランティアの方々ほど、力にはなれないけど、
こんなに幸せになれるんだよってことを、伝えていきましょう。
これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。
Commented by kabosu112 at 2010-03-23 02:15
レーナさんへ

コメントありがとうございました。いろんな考え方があるんですね。
何度も読ませて頂きましたが、残念ながら私には、理解することができませんでした。悪質なブリーダーに関しては同感ですが、どちらが劣悪とか比べる事でなく、現在国内で30万頭と言われている犬猫の処分数を減らす事が先決だと思います。自分の犬が8匹仔犬を産んでしまったら、それを全て責任もって育てるか、または、信頼のおける里親を捜す事ができるのでしょうか?私には疑問です。そして、人や動物が他の動物を食べるのと、殺処分は同じ「殺す」でも全く意味が違うのではないでしょうか。育てる事が出来ない犬や猫を 飼い主の都合で勝手に産ませ、簡単に「殺す」行為は、どう考えても倫理から外れています。愛護センターのワンちゃんは、病気があるワンちゃんも勿論いますが、それも含めて里親になる方もいますし、全てが病気ではありません。仔犬よりは、性格が解って社会性が身についている成犬を育てる方がはるかに簡単だと思います。本当は私もまだ愛護センターを実際に見てませんので、偉そうなことは言えません。近いうちに足を運んで、この目で見て、感じてきたいと思っています。

Commented by まさこ at 2013-08-12 03:48 x
はじめまして!!
いつもブログを見て笑って、泣いて、いやされています。

昔々に猫がお家にいて、とても素敵な日々でした。
いつか犬を飼いたいと思っています。
飼うチャンスがきたときは、愛護センターを訪ねようと思っています。かぼまさんのブログを読み、それが強い思いになりました。大事な命のバトンを受け取る日が私にもまわってくるといいな。
by kabosu112 | 2010-03-22 04:01 | かぼすのこと | Comments(13)